神棚 の お供え。 神棚のお供えは正しい並べ方で。塩・米・水・酒・榊の配置と適切な交換頻度

お供え 神棚 の

また『家庭の祭祀事典』(西牟田崇生編著、国書刊行会)では「神棚の上の天井と神棚とを区切るという意味から、部屋の天井板のすぐ下に天井と平行するように一枚の板を神棚の上に差し加え、神棚の天井板のような形をとって、神様には一先ず許していただくといった、便宜的な方法もあろうかと思われる。 もし榊の配置場所やお供え方法に迷う場合は親戚や地域の氏子さんに相談して、地域に合わせたお供えの仕方にしましょう。 基本的に捨てないようにし、いただけるものはいただきましょう。

6
お供え 神棚 の

月次祭では、毎日の神饌の他に榊と酒をお供えしましょう。

お供え 神棚 の

そして、 酒(日本酒)はこの必須三要素の中の 米からできるものです。

11
お供え 神棚 の

お酒 神棚へのお供え物にはお酒も含まれます。 同じお米なので、赤飯や炊き込みご飯をお供えしても良いのです。 それに、酔うほどに神様との一体感を感じさせてくれる(= 神人合一)ありがたい飲み物でもあります。

3
お供え 神棚 の

四隅というのは単純に四角い家ならその四つ角ということです。 神社にお参りすることももちろん大切ですが、自分の住まいにお祀りし、身近に感じて、毎日お護り頂いてください。

4
お供え 神棚 の

榊の水を取り替え、灯明をともしてお祀りをします。 出雲型の宮形は特注で作ってもらったものがありますので、ご相談下さい。

20
お供え 神棚 の

立った時に目線より下になるのはよろしくありませんが、足腰が弱ってきた方は、神棚を手を挙げて届くくらいの位置まで降ろしてくるというのも必要になるでしょう。

18