二番煎じ 意味。 【二番煎じ】の意味と使い方の例文(慣用句)

意味 二番煎じ

ために街中犬が闊歩しその結果・・。 番小屋に集まった旦那たちは、二組に分かれて交代で夜回りをすれば、寒い思いも少なくて済むと思いつく。 付録:白木屋大火 昭和7年(1932)12月16日、日本橋・白木屋百貨店(地上8階建)で発生した火事。

14
意味 二番煎じ

この目黒川の上流に落語「」の爺々が茶屋が有ります。

意味 二番煎じ

数年後には再興されたが、明治43年巣鴨に移ってきた。

19
意味 二番煎じ

(のモノでは番煎じぐらいにいってると思われる) 関連コミュニティ 関連項目. この時、かの松尾芭蕉も深川で逃げまどっていました。 貞享3年(1686)刊。

17
意味 二番煎じ

番人小屋は二階建てで火の見櫓の役割を果たす梯子がある。 あの会社は、電化製品の過剰な機能による製品の差異化や、先行製品の 二番煎じの安価な製品を作るといった傾向があり、批判されてきた。 伊勢屋の屋号は目立った。

19
意味 二番煎じ

ドンドンドン 役人: 「戸を開けぬか」 そこへタイミング悪く役人が見回りにきてしまい、急いで隠したが土瓶に入れた酒を見られてしまう。

9
意味 二番煎じ

一冊のベストセラーが出ると、その類似本が企画されるのは、出版界の常ですね。 写真に見る、向こう側の欄干が終わった橋詰め(雅叙園側)にある椎の木は浮世絵にも描かれている木ですが、高さも切られ幹が割れて詰め物がされています。 図版;名所江戸百景より「目黒太鼓橋夕陽の岡」 広重画 目黒川に架かる太鼓橋と左に行くと行人坂。

4
意味 二番煎じ

独創性がないとか、新鮮味がないとか、パクリとか、批評の言葉として使われることわざです。 表にでれば本郷には東大がありますから、文士が住んで文教の街並みを感じさせます。 転じて、新味のない二番目のもの。

14
意味 二番煎じ

暮れ方本郷丸山からも出火根岸まで延焼、翌日昼やっと鎮火した。

4