阿部 敏郎 ブログ。 阿部敏郎

敏郎 ブログ 阿部

「自我『を』受け入れる」のだとしたら、その通りだろうと思います。 どこかに向かっている、いまよりも素晴らしい何かになろうとしているという感覚が、自我の栄養となっています。 の『』を担当 ~9月• 僕は昔からこの言葉が大好きで、ワークショップの名前にしたり、歌のタイトルにしたりしてきました。

敏郎 ブログ 阿部

しかし、阿部敏郎さんは、いきなり仕事を辞めたと話していますが、 それを聞いて真似する人も出てきてしまうと思うので、 その話は、多少は、自重して欲しいかなぁとも思います。

17
敏郎 ブログ 阿部

拠り所は自分の中にあったんだって確信できるようになります。 強く祈っています。 一度、目の前の子がゴール直前に転んで、3位の旗のところに並ぶことが出来、優越感を味わったとか…。

敏郎 ブログ 阿部

だったら好きに生きるしかない」 と思いました(笑) 「探求の終わり」という言葉は自分にはとてもインパクトがありました。 さて、話が長くなりましたが、僕たちの存在は、まさに宇宙的遊戯そのものなのです。

15
敏郎 ブログ 阿部

。 ZENサンガのような取り組みが一定の成果を上げていることも、これからの活動に活気をもたらしてくれました。 私は、阿部さんのブログに出会った時とても驚きました。

17
敏郎 ブログ 阿部

きっとまた上がるときが来ますョね。 説明が上手く出来ないのですが、この如何なる事も自分も、なるようになっているだけだ、そこにただあるだけだと感じると、心身の余計な強張りが解けて、深く落ち着いた呼吸が出来ます。 二人だけではなく、多くの スピリチュアルな方々が伝えている事とも共通している事は、 すべては、一つの意識で出来ていると言う事であります。

敏郎 ブログ 阿部

何を頑張っていたのか、そしてその頑張りはほんとに必要だったのか、 何を求めていたのか、なぜ求めていたのか、 といった基本的なことに目を向け始める人たちもいます。 災い転じて福となす、ですから、人生、何が幸いするかは、わかりませんから。 NTV 『』• 1978年9月 『気ままな旅路』(ポリドール)• 僕たちは、時間を超えて「いまここ」にありつづける永遠の存在であり、大いなる命そのものです。