マスオ さん え えー。 サザエさんの登場人物

え マスオ えー さん

7
え マスオ えー さん

, 初登場は1969年12月28日放送「ねえ・どうして? 単純で騙されやすくもあり、カツオにからかわれたりイタズラを仕掛けられて「カツオ! やったわねー!」などと怒って追いかけ回すこともよくある(伊佐坂難物がその声を聞くと安心して仕事ができるというほど )。

え マスオ えー さん

長寿番組ならではの問題とも言えます。 言動 幼い頃、波平と「お正月はいつまでか」をめぐって喧嘩したことがある。

え マスオ えー さん

原作では登場時が5歳の幼稚園児の設定で最終的に小学1年生で7歳になっている。 サザエにいつも追いかけられているため、足が速い。

20
え マスオ えー さん

実家はで、両親と妹が暮らしており、父親はかなり上品な紳士である。 見た目やキャラ設定はトシコと非常に似ているが、トシコよりも言葉遣いが丁寧で、大人ぶった振る舞いをしている。 , 80歳を超えてベテランの声優さんでも常に試行錯誤していると言うのは声優と言う世界の厳しさを物語っていますよね。

え マスオ えー さん

余談 「潮吹アワビ」というマスオの不倫相手が存在し子供も身籠っているとの裏設定がSNSなどで囁かれて居るが、過去のネット掲示板で出たガセネタであり公式には設定共々存在しないので鵜呑みにしないことをおすすめする。 特にはとこであるイクラとは、双方の家を往来してよく遊んでいる。 コミュニケーション アニメで発する言葉は「ハーイ(挨拶、および会話中に使うと「そうです」の意味になる)」「チャーン(カツオ、ワカメ、タラオの名を呼ぶ時)」「バブー(不機嫌な時、「ちがう! サザエいわく、仲人から「マスオは開けっ放しの人」と言われたようである。

9