čŗŊ銭 意å‘ŗ。 į¸čĩˇãŽã„いおčŗŊéŠ­ãŽé‡‘éĄã¯īŧŸãŠčŗŊ銭ぎ意å‘ŗやį”ąæĨãĢついãĻもごį´šäģ‹īŧ

意å‘ŗ čŗŊ銭

ãŠé‡‘ã‚’æ¸Ąã™ã“ã¨ãŒį›¸æ‰‹ã¸ãŽæ„ŸčŦã‚’čĄ¨ã™ã¨ã„ã†č€ƒãˆãĢãĒり、厤į”ē時äģŖくらいからおčŗŊ銭としãĻįĨžæ§˜ãĢ金銭を投げå…Ĩれる斚åŧãĢ変わãŖãĻいきぞした。

6
意å‘ŗ čŗŊ銭

ãŠéĄ˜ã„äē‹ãŒåļãŖたら、垌æ—Ĩåŋ˜ã‚ŒãšãĢおį¤ŧãĢ参りぞしょう。 į‰šãĢ金運ã‚ĸãƒƒãƒ—ã‚’ãŠéĄ˜ã„ã—ãŸã„ãŽã§ã‚ã‚Œã°ã€ 115円と6枚ぎįĄŦč˛¨ãŽäēŒé‡ãŽåŠšæžœãŒæœŸåž…できぞすね。 ぞた、原際ãĢįˇšéĻ™ã€č‹į‡­ã€į´™éŠ­ãĒおを受け取るäģŖäžĄã¨ã—ãĻ支払うこともある。

10
意å‘ŗ čŗŊ銭

10円įŽ‰ãŽæ„å‘ŗ 10円įŽ‰ã¯ã€ 遠į¸ã¨čĒ­ã‚ã‚‹ã“とから、į¸ãŒé ã–かãŖãĻしぞうという意å‘ŗがありぞす。 įĨžæ§˜ãĢ寞しãĻ ã€Œã“ã‚Œã ã‘ãŽé‡‘éĄã‚’äž›ãˆãŸãŽã ã‹ã‚‰ã€ ãĒãŠãŽæ€ã„ã‚’æŠąãã“ã¨ã¯ã¨ãĻã‚‚å¤ąį¤ŧãĒことãĢãĒるそうです。 いぞは、į¤žå¯ēへ参拝しãĻįĨˆéĄ˜å´‡æ•ŦぎåŋƒãŽčĄ¨ã‚Œã¨ã—ãĻåĨ‰ã‚‹é‡‘銭をもいう。

8
意å‘ŗ čŗŊ銭

į¨˛ãŽä¸‹ãĢは水éĸが描かれãĻいぞす。 2010åš´äģŖ垌半からは、一部ぎįĨžį¤žã‚„å¯ēé™ĸãĢおいãĻ、čŗŊ銭æŗĨæŖ’é˜˛æ­ĸや外å›ŊäēēčĻŗ光åŽĸへぎ寞åŋœã‚’į›Žįš„としãĻ、やãĒお、ãĢよるčŗŊ銭がčŠĻčĄŒã•ã‚ŒãĻいる。 という意å‘ŗがありぞす。

15
意å‘ŗ čŗŊ銭

125円īŧšåäēŒåˆ†ãĢåžĄį¸ãŒã‚りぞすようãĢâ€ĸ 5円įŽ‰īŧšã”į¸ãŒã‚る。 おčŗŊ銭 昔から、č‡Ēį„ļぎæĩãŋãĢ感čŦã™ã‚‹æ°—æŒãĄã‚’čĄ¨ã™ãŸã‚ã€įĨžå‰ãĢ「おįąŗ」ãĒおをお䞛えするįŋ’æ…Ŗがありぞした。 įŸŗåˇįœŒé‡‘æ˛ĸ市大野暊įĨžį¤žãŽã‚ĩイトからåŧ•į”¨ įĨžæ§˜ã¯ã€ãŠčŗŊéŠ­ãŽéĄãŒå°‘ãĒい多いは問われãĒいということでしたīŧ つぞるところ、冒頭ãĢč§Ļれた「ごį¸ãŒã‚りぞすようãĢ」でīŧ•å††ãŒč‰¯ã„ãĒお、čĒžå‘‚でį¸čĩˇã‚’ã‹ã¤ã„ã é‡‘éĄã§ã‚‚å…¨ãå•éĄŒãĒいということです。

17
意å‘ŗ čŗŊ銭

でも「čĒžå‘‚合わせãĢすることであãĒãŸãŽæ°—æŒãĄãŒäŧã‚ã‚‹ãĒら」それでもよいです。

6
意å‘ŗ čŗŊ銭

古くはお金ではãĒく、おįąŗや布ãĒおおį¤ŧぎ䞛į‰Šã‚’į´ã‚ãĻいぞしたが、いつしか金銭をお䞛えするようãĢãĒりぞした。

3
意å‘ŗ čŗŊ銭

ぞずは、おčŗŊ銭ãĢäŊŋうずきではãĒいとされる劚果ぎį¨ŽéĄžã‹ã‚‰ã”į´šäģ‹ã—ぞす。 åŧ•ãå‡ēしãĢはéĩがついãĻおり、金銭įŽĄį†ãŒããĄã‚“とできるよう金åēĢぎようãĒæ‰ąã„ãĢãĒãŖãĻいぞす。 そうしãĻįĨžį¤žãĢ、č‡Ēį„ļとčŗŊ銭įŽąãŒč¨­įŊŽã•ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞした。

17