プレッシャー 世代。 1982年って、プレッシャー(はざま)世代ですか?キレる世代ですか?それ

世代 プレッシャー

まさに、先日話題になったドラマ「わたし、定時で帰ります。 」(TBS系)の主人公も、この世代。

世代 プレッシャー

またプレッシャー世代はスポーツ選手など、ここぞという時に力を発揮できる優秀な人が多く出てきました。

17
世代 プレッシャー

理由としては、1982年産まれの水泳の選手である北島康介さんを見ていて、ここぞと言う時に力を発揮できる人が多い年代だと感じたそうです。

世代 プレッシャー

戦後、日本の少年犯罪のピークは1960年代初頭です。 もちろん、一部の人ではありますが、世間的には「ゆとり教育の中でのんびり育ってきた」といわれてしまいます。

17
世代 プレッシャー

ですから特徴の1つとして、プレッシャー世代ですが、この世代の人たちは自分達では特別なプレッシャーを別に感じて生きている訳ではない、という特徴が挙げられます。

4
世代 プレッシャー

物を言えない国民を作りたいと言う恐怖政治を敷きたいのかも知れませんね。

世代 プレッシャー

自覚がない プレッシャー世代という言い方をしていますが、実はこの世代に生まれた人の多くが、プレッシャー世代の存在すら知らず、さらにはそれほどプレッシャーを感じて生きていないと自覚する人も多いです。 車は燃費の良い大衆車で十分、服はユニクロ、家具はニトリといった感じで、普通のものを普通に買えれば別にそれ以上はいらないと思っています。 これらが生まれたのはインディアン絶滅戦争の結果なのです。

17
世代 プレッシャー

特に上下の差が激しくなった世代で、優秀な人材は非常に打たれ、強く向上心があります。 また、草食系バブル時代のゆとり世代を引き継いだ、草食系男性が出現してきたのもこのころからです。 自分自身も、就職戦線は厳しく、毎日何社就職試験を受けても、受からずに、とても辛い思いをした人が多い時代です。

14