気骨 が 折れる 読み は。 「気骨が折れる」、読みは? 【ことば検定プラス】

読み 折れる は が 気骨

特に洋服に飾りとして付けるもの。

13
読み 折れる は が 気骨

というような事情でこう読むようになったものか。

12
読み 折れる は が 気骨

もともと紙には「がみ」という読み方はないですし、毛にも「げ」という読み方は存在しません。

3
読み 折れる は が 気骨

【貫目】カンめ ものの重さ。

14
読み 折れる は が 気骨

「燗」の本来の音読みはラン。 【銀鼠】ギンねず 銀色がかったねずみ色。

6
読み 折れる は が 気骨

顔が赤かったところから、赤いお豆のあずきを指すようになった。 「任侠」は「弱い者を助け強い者をくじき、義のためならば命も惜しまないといった気性に富むこと」だそうです。 死んだときの年齢」の意味だそうです。

読み 折れる は が 気骨

この時期に鶏が生んだ卵。