々 読み。 夫々(それそれ)の意味や読み方 Weblio辞書

読み 々

スポンサーリンク 々の意味 「々」の意味は、記号としての意味になります。 でも、これはあくまで私個人の語感。

12
読み 々

なお、現代仮名遣いでは、固有名詞を除いて、「カ」や「ガ」を書く方がよいとされています。 スマホやパソコンで変換したい時• 限々(ぎりぎり)は 限り限り、 擦々(すれすれ)は 擦れ擦れとも書きます。

16
読み 々

「虚」は相手の弱いところ、「実」は相手の強いところ。 また遠慮なく、自分の思いをはっきりと伝えること。

読み 々

例えばこの「々」 「佐々木」とか「多々」とか入力して前後の文字消す・・・って人もいそうですけど、明らかに不便です(笑) 「々」の正式な読み方は 同の字点(どうのじてん) らしいですが、これで変換してもWindowsのOS標準搭載のかな漢字変換プログラム「MS-IME」を使っていると出てこない(笑) ということで、変換して出すには おなじ どう と入れてみましょう。

6
読み 々

ところが,「々」という文字には特定の読み方というものがありません。

11
読み 々

やはり,「読み」というからには,文の中で使われたときの読み方と考えるのが自然ではないでしょうか。 同の字点(どうのじてん) 由来は、「同」の別字体である「仝」が変化したというものや、二の字点が変化したというものなど、諸説ある。

4
読み 々

」となっている。 「法会を行ふ事、五箇日」 しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。 変換する際は「 どう 」や「 くりかえし 」などで変換可能。

1
読み 々

従って,この文字には普通の意味での「読み」はありません。 三々五々(さんさんごご)・・・「人が少人数づつ集まり、行動しているようす」という意味 「々」を使った四字熟語は、調べればもっとたくさんあります。