以上 記号。 不等号:スペックでは多かれ少なかれ使われています

記号 以上

「〇以下」は「〇まで」ということを表し、「60点以下は不合格」というテストの場合「60点という到達点までが不合格」となり、合格するには最低61点を獲得しなければなりません。 大なり > 小なり < 似たような記号なので覚えるのが難しいですが、ちょっとしたコツがあります。 「超える」とは「対象となる数字を含まずにそれよりも多い」ということを表します。

記号 以上

数量では、その基準をも含む (引用元:) とあります。 また、「この水族館では、小学生以上は料金が発生し、一律500円です。

記号 以上

(とっておく必要はないよ。

7
記号 以上

統計学の記号 [ ] 統計学 記号 意味 解説 r. ' は、まれにとも呼ばれる。 A>Bは「A大なりB」と読み、AはBより大きいということを意味しています。

11
記号 以上

・以は「入れる」の「い」と覚え、その数字が入ると覚え、未満と超えるは逆で入らない と覚えるとシンプルで忘れにくい! これで攻略ですね。 特に等号付きの不等号に関しては、英語フォントのほとんどが2本線の等号は表示できません。

6
記号 以上

下記も参考にしてくださいね。 他にもat leastや and or overや and or aboveなどでも通じます。

5
記号 以上

数量では、基準を含んでそれより下をいい、その基準を含まないときは「未満」を使う。

2
記号 以上

iff は if and only if の略である。 」の場合、16歳であれば見ることが可能です。 それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。

17
記号 以上

c は complement の略である。 例えば入場券などのチケット売り場で記載されている「小学生以下」は小学生を含みます。

20