アメリカ 初代 大統領。 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

大統領 アメリカ 初代

一般調達局 General Services Administration は元大統領の事務所費用を負担しているが、その場所や規模については明確な規定がない。 2代目 ジョン・アダムズ John Adams 在任期間 1797年3月4日〜1801年3月4日 所属政党:連邦党 アメリカ独立宣言やイギリスからの独立を明記したパリ条約締結の中心となった人物。 40代目ロナルド・レーガン Ronald Wilson Reagan 在任期間 [1期目]1981年1月20日〜1985年1月20日 [2期目]1985年1月20日〜1989年1月20日 所属政党 共和党 経済政策で規制緩和と減税を推し進めた。

18
大統領 アメリカ 初代

4代目ジェームズ・マディソン James Madison 在任期間 [1期目]1809年3月4日〜1813年3月4日 [2期目]1813年3月4日〜1817年3月4日 所属政党 民主共和党 合衆国憲法の最も重要な解説書である「ザ・フェデラリスト」を共同執筆した「アメリカ合衆国憲法の父」。

14
大統領 アメリカ 初代

ペンシルベニア州の法律では、州内に居住した奴隷は6か月後に合法的に自由になるとされていた。 国務長官であったトーマス・ジェファーソンは、の設立者であり、アレクサンダー・ハミルトンの政策に激しく反対した。

14
大統領 アメリカ 初代

13位:ジェームズ・モンロー• その年は多くの時間を農園で過ごし、2,250平方フィート(75フィートx30フィート、200m 2)の蒸留所を造った。 1971 ウォーターゲート事件 民主党本部のウォーターゲート・ビルに、不審者が盗聴器を仕掛けようとした事件。

18
大統領 アメリカ 初代

第36代アメリカ大統領 リンドン・ジョンソン アメリカ大統領在職期間 1963年11月~1969年1月 概要と主な功績 ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺により、当時副大統領であったリンドン・ジョンソンが急遽大統領に就任しました。 アメリカ合衆国大統領 所属政党: 代 氏名 所属政党 期 在任期間 副大統領 1 George Washington - ジョン・アダムズ John Adams - 2 John Adams - トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson 3 Thomas Jefferson - Aaron Burr - George Clinton 4 James Madison 民主共和党 - ジョージ・クリントン George Clinton 不在 (1812年4月以降) - Elbridge Gerry 不在 (1814年11月以降) 5 James Monroe 民主共和党 - Daniel Tompkins - 6 John Quincy Adams 民主共和党 - John Calhoun 7 Andrew Jackson - ジョン・カルフーン John Calhoun 不在 (1832年12月以降) - マーティン・ヴァン・ビューレン Martin Van Buren 8 Martin Van Buren 民主党 - Richard Mentor Johnson 9 William Henry Harrison - ジョン・タイラー John Tyler 10 John Tyler ホイッグ党 - 不在 - 11 James Knox Polk 民主党 - George M. 2代目:ジョン・アダムス 連邦党 在任期間 1797年3月~1801年3月 元々、初代大統領の補佐である副大統領を務めていたジョン・アダムス。 本文は訂正済みです。

12
大統領 アメリカ 初代

その夜は濡れた衣服を着替えもせずに食卓に座った。

7
大統領 アメリカ 初代

このとき友人のが起草した提案書で、が撤廃されるまではイギリス製品のボイコットをバージニア植民地に呼びかけていた。

大統領 アメリカ 初代

何も対策を講じないままでいると、勉強に対する苦手意識は日が経つほどに広く、深いものになっていきます。

大統領 アメリカ 初代

かなり議会との対立が目立つ人物であり、アメリカ大統領としては初めての弾劾裁判を受けることとなってしまった。 1909-1913• 4人の夫人が夫が大統領に就任する前に亡くなったが、ホワイトハウスと 国立ファーストレディ図書館は彼女達を正式なファーストレディに含めている。 かろうじて適量の火薬(約250万ポンド、1134トン)を大半はフランスから1776年末までに手に入れた。

1