うち は イタチ。 【ナルコレ】うちはイタチ[運命を背負う影]の評価とスキル・ステータスの詳細

は イタチ うち

大蛇丸の暁脱退後、イタチは鬼鮫、サソリと共にスリーマンセルを組み、まずを勧誘する。 フガクが考えたクーデターの内容は、誰も血を流すこと無く、無傷で木の葉の上層部を捕縛し、革命を成功させる事。

11
は イタチ うち

その間、に不屍転生のため狙われていましたが、実力はイタチの方が上であったため大蛇丸を退けており、これにより大蛇丸は暁を脱退しています。 この名言は、第4次忍界大戦にてイタチがうずまきナルトに言った言葉です。

4
は イタチ うち

日本のイタチ一覧 [ ]• イタチの力を目の当たりにした大蛇丸は「 彼は私より強い」と悟り、暁を脱退。 イタチはイズミと出会ったときにはまだ写輪眼は開眼していなかったため、かばってくれたことも相まってイタチはイズミに興味を持ったのです。 簡単に言えば視力と引き換えに無限ループに相手を落とし込む幻術。

2
は イタチ うち

そんなイタチの経歴をご紹介したいと思います。 が幼い頃に、里の以外のうちは一族を皆殺しにして里を抜け姿を消した。 キタイイズナ(亜種、 コエゾイタチ) M. (オコジョ M. イズミは写輪眼を使いこなせているわけではないようですが、イタチを同じアカデミー生からかばったとき写輪眼が発現しています。

15
は イタチ うち

敵のうちはサスケ(年代問わず)の場合、確実に耐性を無視して行動を1回無駄にする。

は イタチ うち

うちはイタチの名言ランキングベスト10第7位 「里がどんなに闇や矛盾を抱えていようと オレは木の葉の うちはイタチだ」 「里がどんなに闇や矛盾を抱えていようと オレは木の葉の うちはイタチだ」というセリフもうちはイタチの名言と言えるでしょう。

11
は イタチ うち

イタチはうちは一族を一度リセットし、全ての未来をサスケに託す意志を示した。 また、「『うちは一族の末裔』としてのサラダ」を描く際、上記のイタチの境遇から、サラダがイタチ(ないし一族全体)について知ろうとする作品も多いようだ。 通常の写輪眼を含む一般的な幻術では相手の精神にダメージを与えるために一定の時間が必要となるためそれまでに仲間に幻術を解いてもらえば破ることができるが、月読はその特性から現実世界の時間にして一瞬で幻術を体感させることができるため術にかかれば即座に幻術によるダメージを受ける。